コストと用途で選択

印刷機

コストと特性を踏まえてうまく活用したい

チラシ印刷は、俗にビラとも言われており広告や宣伝を目的にした一枚刷りの印刷物です。紙媒体のチラシ印刷は新聞の折込広告やポスティングにおいて現在で主流の宣伝方法です。素材にはコピー紙と類似した上質紙やマット紙などもありますが、格安のチラシ印刷は更紙を用いるのが一般的です。格安のチラシ印刷で用いられる更紙は、表面が新聞紙のようにざらついており、身近で安心感のある印象を与えるのもメリットです。一般的なチラシ印刷では、白地のものを採用しますが、さらに素材の原価が安い黄更紙やピンク色更紙などは格安指向のクライアントには人気が高いようです。格安素材を用いることで、同じ価格帯でもより大量に印刷することができるので、人口が多いエリアや広範囲の地域住民に商品やサービスのアピールするための新聞の折込広告などに用いることで効果的に集客を見込むことが出来るでしょう。ところでチラシ印刷は輪転機で、ロール状の紙素材に印刷するという工程をへて製造されています。輪転機の仕様上はしに、8ミリよほどの余白が出来てしまいます。この余白部分を裁断すると、さらに加工のために1日ほど必要になるので、オンタイムで折り込み広告を想定しているときには注意が必要です。そして輪転機では、ロール状の紙素材に連続して光速で印刷するため、用紙が伸びたりちぢんだりしてしまうことがあります。その結果印刷ズレが生じることも。この現象は格安の更紙素材で起きる可能性があるので、ズレを避けたいときは別の素材を選ぶことをおすすめします。

Copyright© 2020 ネット印刷と、従来の印刷会社にはそれぞれどんなメリットがあるのかを紹介 All Rights Reserved.