紙の厚さで違いがでる

印刷機

紙の重さに着目して正解を導きだす

格安のチラシ印刷ではデザイン性や光沢の有無、テクスチャーのほか印刷する紙の厚さも重要な指標になります。この視点はコスト管理からも重要で、チラシ印刷費用は基本料金にオプション料などに加えて用紙の代金が加算されるからです。70?は一般的なコピー紙の厚みと同じで、チラシ印刷でも素材に使用される場面が最も多いといえます。新聞の折込広告や投函用ポスティングなどの差財に使用されます。これ以下の薄いタイプも新聞折込広告では活用されており、薄めの格安の特売チラシなどは50?という厚みで、1日数万枚といった大量印刷に剥いています。90?は格安のチラシ印刷でも、使用頻度が高い厚さです。紙の種類によっては、同じ90?でも見た目に与える印象は異なるため、より厚みが必要な場合はマットコート紙や光沢紙などを選択するのがベターな場合もあるようです。コピー用紙に比べると厚みがあり、安定感の印象を与えることから、会場頒布用のパンフレットなどの素材にも良く使用されています。110?になるとかなりの厚みがあり、格安なチラシ印刷にはあまり用いられることはありませんが、90?に比べると高級感や重厚感がますため、ラグジュアリーテイストを演出したいときに向いています。このように紙の厚さはテクスチャーや、文字情報やデザイン性とは異なる側面からチラシ印刷に、別の個性を与える要素です。それぞれのチラシ印刷が必要な場面の、TPOにあわせて適切な紙の厚さにこだわることが、コンバージョンにつながるといえます。

Copyright© 2020 ネット印刷と、従来の印刷会社にはそれぞれどんなメリットがあるのかを紹介 All Rights Reserved.